毎日の放射能対策パート1

  • 2011.04.26 Tuesday
  • 11:37
 
4月25日(火曜日)晴れ

災害から1カ月と15日が経過している今、私達はかなり放射能に対する意識が変化してきているでしょう。何か対策をしている方がたは居るでしょうか?
 実際に、今になって放射能に対する恐怖が高まっていますが、日本全国55基の原発が活動して今災害で11機が停止している中建設中3機計画中11機としても44機が活動している中、実は私達は放射能に日々曝されている生活を現代人は過ごしているのです。
 そのため、原因不明の流産や死産、発育不全・白血病や甲状腺癌など発病しているのではと思うほど癌の発生率が高い現代病です。
 世界ではアロマセラピーまたは植物療法でこれらに対応していく手立てがあるのを、アメリカ在住のスーザンカティー先生やマイケルスコール先生・デビーフレナッド先生が提案してくれています。アメリカでは、104機以上の原発があり、原子力爆弾を発明した初めての国でもあります。デンバーでは、ウランが発掘されていてる産出州でもあります。そしてその放射能は癌治療にも活用され原子力を発明した第一の国でもあり、程研究がもっとも進んでいる国でもあります。

***フトモモ科のオイル***
 癌のターゲット療法として癌細胞に放射能をあてて細胞を除去する方法をしています。その際に、癌細胞以外の場所が被ばくしないように、フトモモ科のオイルである、ティートリーやニアウリ、フラゴニアやクンジアアンビグアなど皮膚にホホバオイルにビタミンEなどに希釈して使用します。免疫力を高め抗酸化作用が高いオイル達です。毎日特に外に出る前には、使用します。妊婦さんや15歳以下の人は特に必要でしょう。

***レモン&ジンジャールートハニーティー***
 レモンのエッセンシャルオイルには、ビタミンCとPが含有されていてます。そしてジンジャールートオイルは、乳がんの患者さんに放射療法をする前に14日間毎日飲用してもらって被ばくしなかった検証例があります。ジンジャーは、フリーラジカル除去に活用されて、放射能で破壊されるのを防ぎ、細胞再生効果があります。ジンジャールート内にある、酵素(catalase,glutahinone,peroxidase)がDNAの再生を助けます。
これらのオイルを混合してはちみつに混ぜて毎日2−3杯飲んでましょう!
水道水などに含有されてしまっている放射能から身体を守っていきます。 
放射能を浴びると癌を発症します。そのために、まず癌にならないようにビタミンCそしてEを摂取するように心掛けましょう。(オレンジなど果物やブロッコリーでビタミンC!ナッツ類種類でビタミンEを補給)
 「黒い雨」という映画があるように、雨に日には放射性降下物「FALLOUT」といわれるように、今年一杯は、気を配らなくてはならないでしょう!もちろん日本食の代表であるお味噌や納豆も効果があるでしょう、腸内の善玉菌を増やして腸の環境を保ち免疫力を強化し、海藻類は毒素を除去する効果があります。わかめなら1日1カップを目安に食します!(スピルリナなら4g−8g)
 現代は社会では、健康を保持するためには便利になっただけ環境汚染から自分たちの力で身体を守っていかなくてはならない時代でしょう!
 
 6月にはマイケルスコール先生が、チャリティーアロマセラピーセミナーをアーグッタで講演する予定です。

LOVE,LIGHT&GRACE,
MIDORI



 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM