クロアチアダルメシアン地方のアロマティックジャーニー

  • 2019.06.10 Monday
  • 14:53

 

 

5月31日から6月9日までクロアチアダルメシアン地方のアロマティックジャーニー

 

 ブルガリアソフィア空港からムューヘン経由でクロアチアスピリット空港に到着した。

空気はまるでブルガリアと異なり、アドリア海からの風が吹き温かく肩の力が抜けて心が軽くなった。

今日からクロアチアのダルメシアン地方の野生のハーブ達を散策し、蒸留する旅が始まった。

 到着した日は、気温22度程で肌寒い日だった。次の日も雨になり、ブルガリアでの旅の疲れをとる為に1日エリザベスとのんびりとボディチェの町でゆっくり過ごした。アドリア海の海の色の透明さが、人々の純粋さを表しているようにボディチェの町はまったりとした田舎町だ。夕方シバニックの町でゲームオブスローンの大ファンのエリザベスが映画のシーンを思い出しながら感動したながら中世のクロアチアの城跡を歩いた。私は、中世の僧侶が作った中央に噴水を置き長方形を4つに分けてローズやハーブを色鮮やかに飢えているガーデンに心惹かれて、ハワイに自分のガーデンを作る参考にする為に沢山写真をとった。

 6月2日明け方朝目を覚めると、青空と日差しが眩しい位に目に差し込んできた。窓を開けると朝から温かい空気が入ってきていきなり春から夏になっていた。毎年地球温暖化で暑い日が長く続くようになってきているという。7月と8月には、気温は37度以上になる日が2週間程続くように近年なってきたそうだ。夏は3か月ほど雨が降らないダルメシアン地方の植物の生命力は強いそれは、ダルメシアン地方の人々の生命力の強さを示唆するように我慢強くそして粘り強い生命力だ。

空気はとても乾燥している。この乾燥した気候がアロマティックプラントに、芳香成分を植物の生存するために、蜂達を呼び起こし、子孫繁栄を存続する為または、病気から自己を守るために発生させる要因の一つだ。ビーキーパーだったアンテが、アロマティックプラントに興味を示したのも蜂達がアロマティックプラントを追いかけて移動して行くのに惹かれて、ダルメシア地方の人々が伝統的に行われているエッセンシャルオイルの蒸留を始めたそうだ。

ケイド(シーフェネンル)

クロアチアの歴史は長い、紀元前6000年数百の部落がそれぞれの神を祭り、おきてを作り平和に暮らしていた。紀元前ギリシャ人達が侵略し、紀元後はローマン帝国・オスマン帝国。、中世にはナポレンを率いるフランスが侵略、多く戦いを経験し侵略をされてきクロアチアは、近代に置いても、戦いの連続だった。

近年の歴史は、大一次世界大戦中にセルビア王国が発表した。戦後のバルカン地域おけるかとして南スラブ人よる連邦国家の創設という提案に同意し、セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国の成立を支持した。この王国は1929年にユーゴスラビア王国と名称を変更するが、当初からこの王国においては、セルビア人とクロアチア人の民族対立が内戦問題として存在した。ユーゴスラビアは旧セルビア王国を頂いていて、一般的にクロアチア人には首都の所在するベオグラードを中心として政治権力をセルビア人が独占しているという不満があった。1939年妥協策としてクロアチア人に一定の自治権を認めたクロアチア自治州が設立されたが、クロアチア側からの批判は、大きかった。一方で、国外でのテロ活動を展開していた、アンテ パヴェリッチが主導するウスタシャは、公然とクロアチア独立を揚げた。1941年にナチス・ドイツがユーゴスラビアに侵攻した際に、ウスタシャはこれに協力して、クロアチア独立国家を成立させた。一方でユーゴスラビア王国に忠誠を誓うセルビア人将校を中心とした反ウスタシャ組織、チェトニックが組織され抵抗運動を開始した。さらにナチス・ドイツがソビエト連邦へと進行した1941年6月以降ユーゴスラビア共産党はパルチザン組織を結成し、ウスタシャやチェトニックと共に内戦を繰り広げた。この内戦では『民族浄化』と呼ばれる戦略的な多民族敗訴が行われ、無差別虐殺、収容所での虐殺、レイプ、住民の追い出しなどの手段によって、大量の難民が生み出された。第二次世界大戦中の出来事は、後クロアチア独立をめぐる内戦情勢の中で再度取り上げられ、歴史修正主義的な紛争が繰り広げられると同時に、1991年から始まった旧ユーゴスラビア(セルビア、クロアチア、マケドニア、モンテネグロ、ボスニア、ヘルツェコビナ6つの共和国)共和国の内戦の一つであるクロアチア紛争(91年から95年)でセルビア人による、クロアチア人のジェノサイド(民族大量虐殺・無差別虐殺の数は2600人及ぶ)が行われ1999年にセルビアをクロアチアの内戦が勃発し、30万人以上の人々が難民として国を捨てた。(2001年のデータクロアチア人89.63%・セルビア人12.2%から4.54%に減少)

人々が家を捨て空き地は40年以上だれも足を踏み入れないてない野生の地となった。

 

アンテは、残された無数の民家に生え生息している野生のハーブを採集して、水蒸気蒸留を2年前から始めた。空き地には、屋根が口落ちたストーンハウスが他紙並び、その家の間に広がる数百エーカーの大地にオリーブの木やイチジクの木生えている草原に、ハーブ達が自由に生息している。特にローマンの遺跡の後に沿ってハーブ達は生息している。

クロアチア人の兵士の強さは、世界を誇る強さがある。

それは、スポーツ界でも知れ渡る、私も観戦した、一昨年のサッカーのクロアチアのチームがそのクロアチア人の底力を見せたのも心に残る。小さな国から偉大なサッカー選手が生み出されその選手たちのフェアープレーと粘り強さ巧みな技術は、世界を感動させた。

その魂数千年にも渡るこの土地での生存力が遺伝子に組み込まれているのだ。また武士道にも似た、奥行き深い思いやりの心も歴史深いクロアチア人にはある。

昔懐かしい日本人の心温かい御もてなしの心を思い出させるように、クロアチアの人々の微笑は、温く私達を現地のハーブやフルーツを贅沢に使った薬洋酒やエルダーフラワーのハチミツ付けの冷たい飲み物・プロシュートなどで迎えてくれた。

 アンテが、私達をボディチェから30分程車を走らせて、シスタチッタの町に連れて行ってくれると、そこには、セントジョーンズワート、セージオフィシャナリス、イタリアンエバーラスティング(ヘリクリッサムイタリカム)・ラベンダーインターミディエット(ラベンダーとラバンジンを交配した新種)・コーマンマートル・マススティックが無造作に鬱蒼と茂っている草原があった。

 

私達は、黄色い可憐な花を咲かせた野生のセントジョーンズワート(Hypericum perforatum)を大きな麻の布上に、刈り、手で丁寧に採集していった。太陽の下で、朝日を浴びながら、旬のチェリーを食べ、蜂がぶんぶん飛ぶ中、5時間ほど朝から採取して66キロ程採集した。アンテが手慣れた作業でほぼ80%を採集した。草原の中点在するセントジョーンズワートだけを採集するのは、可なりの労働力だったが、セントジョンズワートの優しい香りが心を癒してくれているようで、疲労感をあまり感じずに楽しみながら採集をした。

そしていよいよ、蒸留だ。雑草や虫を丁寧にのぞき選定している間に、蒸留器に薪で火を入れてスチームで殺菌すると辺りが、スチームサウナとなり皮膚が蘇るようだった。殺菌した後、セントジョーンズワートを蒸留器入れて、丁寧に蓋をして螺子でしっかりと止める。そして、火を入れ蒸気の圧力を調節する。7分35秒後にオイルが少しずつ流れてきた。香りは、透明で優しいグリーンノートの後に甘いハチミツの様なフローラルノートになり、心は優しくハチミツで包み込まれるように安心する。蒸留は、3時間程行い。 10ミリ程の産出量だった。セントジョーンズワートのエッセンシャルオイルの希少さがここで実感する5時間程採取写しその後3時間の蒸留の結果10mlのエッセンシャルオイルが摘出されただけだったが、その効能の素晴らしさは、果てしない。この貴重なオイルである事は間違いない。蒸留している間、セントジョーンズワートの香りが大脳辺縁系に到達して、聡明感を与えた。視力が回復したように辺り一面がはっきりと見えているように頭が爽快になった。エッセンシャルオイルを蒸留しながら、オイルの効能を体感して行く素晴らしいケーススタディーだ。

 セントジョーンズワートのハイドロゾルは、オイルが採集され始めてから10程置いた後、1−2時間程採集する。ハイドロゾルはこの間30リットル以上摘出し、効果効能は、消炎作用・鎮痛作用・殺マイクローブ効果が高くそしてスキンケアーに最適だ。肌をしっとりとさせる効果は素晴らしいものがある。

 明日は、少し季節が早いが、インモーテルの蒸留を体験する!

 

私の、この植物達の恩恵を使用して、アロマセラピーへの素晴らしい成果を期待して、その晩ベットにはいり素晴らしい夢をみた。

 

LOVE&ALOHA from Croatia !!

 

Midori 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM